博多のデリヘルを利用した時に起こった私の失敗談

男性のシルエットとフラッシュ
私は昔、博多のデリヘルを利用した際に失敗したことがあります。

いつものように仕事を終えてホテルに着き、部屋で夕食を食べていました。
その時はあまりお腹が空いていなかったこともあり、軽めの夕食で済ませました。

夕食の後片付けをした後、晩食のビールを飲んでいると、急にムラムラとした気持ちがこみ上げてくるではありませんか。

幸運にも次の日は休みであり、博多のデリヘルの中でもちょっと良い店を利用しようと思い立ったのです。

すぐに電話をかけ、デリヘルをお願いしました。
程なくしてデリヘルの女の子がホテルの部屋来ると、かなりの美人さんで驚きました。

デリヘルで楽しみ過ぎた結果……

今日はついているなと思い、早速女の子とプレイを楽しみます。
女の子の方も積極的で、プレイもかなり上手です。

ついつい延長までしてしまい、プレイをしっかり満喫して女の子に料金を支払う時に、自分の最大の失敗に気付きました。

お金が無かったんです。
この時ばかりは、さすがの私も焦りましたね。

女の子に何とか必死で説明をし、コンビニへダッシュしてお金をおろしに行きました。
しかし、そんな時に限ってコンビニのATMが込んでいます。

焦りながら順番を待ち、お金をおろしてすぐにホテルへ戻ります。
私が全力で走ってきたのを見て、女の子は大爆笑していました。

こんなお客さんは初めてだと言われて、嬉しいのやら情けないのやら。
気持ち良くなったのに、また疲れてしまいました。

みなさんも、財布の所持金には注意してデリヘルを呼びましょうね。